任意売却にすれば自宅を失う事は避けられるかもしれません!

任意売却にすれば自宅を失う事は避けられるかもしれません!

自宅を失うほど追い詰められた状況になっています。
会社の人間関係がうまくいかず、上司に苛めらて、うつ病になってしまいました。休業しても、うつ病はよくならず解雇されてしまいました。妻は専業主婦だったので、いっきに家計が火の車となってしまいました。賃貸だったら実家に戻ってやりなおせば良いのですが、3年前に自宅を購入してしまったので、その住宅ローンが丸々残っていたのです。働けないし収入もないし、妻に働かせるわけにもいかないので自分のためにも妻のためにも自宅を手放す覚悟をしました。
しかし、自宅を売って残った借金をコツコツと返済する計画だったのですが、1人しかいない母親が亡くなってしまい実家も処分されて帰る場所がなくなってしまったのです。
今、自宅を失えばネットカフェで難民になるしかありません。妻にはそんな思いをさせたくないので離婚も考えましたが、妻は拒否しました。正直、嬉しかったです。
うつ病でもやれる仕事を見つけて、妻も働く決意をしてくれました。なんとか自宅を失わない方法を探してみたら、同級生から任意売却のアドバイスをもらったのです。これが人生の岐路でした。任意売却にすれば、もしかしたら自宅を失わずに住み続けることができるかも!?という期待が膨らんできたのです。
任意売却なら第三者に自宅を買い取ってもらい、その人に賃料を払うことで自宅を失わずに済むという可能性も十分にあるのです。もちろん簡単なことではないですが、競売で安く買い叩かれるよりマシです。
まだまだ任意売却の知識が足りないので任意売却の情報を集めるために妻と協力して情報収集をしている最中です。


住宅ローン以外の借金がある場合の任意売却

任意売却というのは、住宅ローンの返済ができないという場合に取られる手法です。
任意売却の際には、仲介業者である不動産会社が行うのが一般的となっております。 彼らは不動産売買のプロであり、任意売却も不動産売買の一環であることには違いがないからです。 一方で、住宅ローン以外に消費者金融などから借金をしていて、それも返済できていないとなると、任意売却の不動産会社ではどうにもなりません。
そうなると、弁護士の出番となります。 弁護士であれば、そういった消費者金融のお金の問題を解決してくれます。 それならば、最初から弁護士に相談したほうが早いのではないかというような話もありますが、それは違います。 弁護士に相談をすると、それだけで料金が発生してしまいます。
お金で困っているときに、300000円くらいの弁護士報酬の心配をしなければならないのはあまりいいことではありません。 住宅ローンだけの問題であれば、任意売却だけで解決可能であり、もし他に借金があるようでしたら、任意売却プラス弁護士ということになります。

 

【神奈川県(他市・町)】
任意売却 相模原市/ 任意売却 鎌倉市/ 任意売却 逗子市/ 任意売却 三浦市/ 任意売却 葉山町/ 任意売却 厚木市/ 任意売却 大和市/ 任意売却 海老名市/ 任意売却 座間市/ 任意売却 綾瀬市
任意売却 愛川町/ 任意売却 清川村/ 任意売却 平塚市/ 任意売却 茅ヶ崎市/ 任意売却 秦野市/ 任意売却 伊勢原市/ 任意売却 寒川町/ 任意売却 大磯町/ 任意売却 二宮町
任意売却 南足柄市/ 任意売却 中井町/ 任意売却 大井町/ 任意売却 松田町/ 任意売却 山北町/ 任意売却 開成町/ 任意売却 小田原市
任意売却 箱根町/ 任意売却 真鶴町/ 任意売却 湯河原町/

Calendar