無宗教葬

無宗教葬

家族葬が増え、葬儀の在り方に大きな変化が訪れだした昨今、もうひとつ増えつつある葬儀の形に「無宗教葬」があります。仏教や神道式、キリスト教式など、特定の宗教に捉われない葬儀のことを無宗教葬と呼びます。

故人の遺志を反映した葬儀というのは近年ますます増加傾向にあり、無宗教葬を望む人も増えています。しかしそうは言ってもいまだ主流は仏式が9割を占めているのが現実で、無宗教葬を希望する遺言を残した故人の遺志とは反して遺族のとまどいは大きいようです。

無宗教葬が増えた理由のひとつには、葬儀に対しての考え方の変化が挙げられます。もともと日本では仏教式の葬儀がほとんどで、仏教では、亡くなると仏さまの弟子になるという考え方からその証として“戒名”をお坊さんにつけて貰い、死者の成仏を祈るということが葬儀の主な目的とされてきました。

また神道においては、死者を一家の守り神として祀るための儀式として葬儀が存在します。つまり葬儀というのは、死者のために行う宗教的な儀式のことを指すため宗教と葬儀は切っても切れない関係だったわけですが、現代において、葬儀をそのような意味で認識している人がどれだけいるでしょうか。

日本人は信仰心が薄い国民性であるためのせいか、たいていの人は「故人とのお別れをする場」と考えているのがほとんどのようです。亡くなった人のためにするという葬儀のあり方から、遺族や友人など、遺された人たちのために行うようになったと言えると思います。このような理由は、葬儀と告別式がもともとは別に行われていたものが今では「葬儀並びに告別式」と言われて行われているように、葬儀と告別式が同時に行われるようになってきた背景の一因に相当するようです。

つまりは遺族の中では告別式がメインとなっているわけですね。そのような気持ちで故人を送ってきた人が、今度は自分の葬儀を考えたときに、生前特に宗教に対する信仰が薄かったという場合に、お坊さんを呼んだり、神主さんを呼んだりして宗教をもって見送られることに違和感を感じる人が増えてきたのでしょう。読経をしてもらったり、高いお布施を払ってでも戒名をつけてもらうことへの意味も価値も感じられないと考える人は、世代が若くなるにつれて増えていることから考えると、無宗教葬は今後もっと増えていくのでしょうね。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar