直葬とは

直葬とは

直葬とは、通常のお通夜や告別式などの儀式を行わず、火葬だけですませるスタイルの葬儀のことです。

直葬の場合、一般の方にもご会葬して頂くお通夜、告別式という儀式を省略しますので、遺体を24時間保管した後、直接火葬場に移送し荼毘に付します。 直葬を選ぶ理由の多くは、経済的な理由から葬儀の費用を安く済ませたいというものが圧倒的ですが、最近では、「余分なものを一切省き合理的で経済的だ」とする声もよく耳にします。

火葬はもともと古くから日本にある葬儀のスタイルのひとつです。インドから伝わった火葬は、焼却できずに残った骨は土中に埋葬するか散骨します。もちろん、日本では骨は壺に入れてお墓や納骨堂に納められています。 昔は、経済的理由から火葬だけを行うことがほとんどでしたが、時代のニーズとして、東京23区内の中でも約35%が直葬を希望している声が多い地域があるといわれています。

もちろん、葬儀のスタイルは残された遺族が納得のいくものであることが理想です。こんな場合には直葬がおすすめです。

葬儀の費用をかけずにお見送りしたい
故人の遺志で火葬だけにしたい
葬儀は菩提寺のある田舎で行いたい
焼いた骨は散骨してもらいたい

 

ただし、火葬だけで葬儀をすませてしまう場合、菩提寺があれば事前にお寺にその旨をお話し了承を得ておいたほうがいいでしょう。 また、直葬の場合、家族葬や一日葬と違い、故人とゆっくりお別れを惜しむ時間はあまりなく、死亡が確認されてから24時間遺体を安置している間だけとなります。ですので、もしも故人がお世話になった方やどうしても最期のお別れをしておいた方がよいと思われる方がいましたら、すぐに連絡を取ったほうがいいでしょう。

葬儀業者によっては、最近では「火葬パック」や「直葬式」という名前で葬儀を行っているところもあります。この場合、10万円位で亡くなられた病院などの施設から安置場所への移動や、遺体のご安置、火葬場での荼毘、その後の後飾りへのご安置までの一連の作業を行ってくれます。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar